参加者が多すぎると話さなくなる
3人→みんな話す
5人→1人話さない
10人→7人話さない
というかんじに、会議は参加者が増えると話さない人が増えます。
引っ込み思案というだけでなく、自分とあんまり関係ないなと思ったら、積極的には話さないですよね。そんなもんだと思います。

中身の検討会議なのか、情報共有・意思決定の場なのかで会議サイズを決める
なので、細かい作業状況や仕様の検討など、中身の議論をするときは、関係する3~4人でやりましょう。
今後何やるぞ!とか、こういう方針でやるよとか、うちのチームはこれをやってるよとか
一方通行で話せばよい会議ばみんなでやりましょう。

会議設計もPMの重要な仕事です。